仕事を3倍楽しくさせるために身につけておきたい3つのスキル

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

1:時間を自己管理する能力
(時・日・週・月・年)

2:ソーシャルメディア
パフォーマンス

3:ビジネスパートナー
(生涯かけてかかわる好敵手)

次世代をになう
美容師さんに
すごく大切なスキルです。

ほんの1週間前の出来事

自宅へむかう帰り道・・

通りに面したとある美容室で
延々と果てしなく
つづく勉強会・・

また今日も遅くまで
勉強しているんですね。

佐藤(仮名)さんは
店舗の営業終了後

ヘアカット技術
習得のために
練習ウィッグ
(人頭のマネキン)を
何10体もつかいながら

毎晩繰り返し
練習しているそうです。

美容師という職業は
ヘアカットが
できるようになって
はじめて一人前と
みられる業界です。

その前にシャンプー→
ドライ→ブロー
(ドライヤーとブラシを使って
ヘアデザインの型をつくる)

→ヘアカラー染め
→縮毛矯正のアイロン作業
→パーマ巻き(ワインディング)

という行程を
マスターしていきます。

全国ほとんどの美容室は
勉強する時間を営業終了後に
されているので

なかには午前さま
(AM0:00過ぎ)を
超えることも多いようです。

そのほか休日をつかって
メーカーやディーラー主催の
商品&技術講習会もあります。

なぜ?どうして?
そこまで勉強するのか?

他店(美容師)との差を
感じているから?

または差をつけたいから?

はたまた古くからの習慣ですか?

「美容業にかかわるかたは
生涯勉強です!」

この言葉には共感できます。

でも微細すぎる技術と
化学的な知識をだけに
かたよってしまうことには
疑問を感じえません。

たしかに仕事の幅を
ひろげるための勉強に
無駄はないというのは
正論でしょう。

ただ・・
「なんのために
勉強するのか?」

(目的・目標)

「いつまでに
習得するのか?」

(期日・ご褒美や罰ゲーム)

「どうやって実益
(=結果)にしていくのか?」

(外部に見えるような広告・
達成したときのお祝い)

これがハッキリと
していなければ
そのときだけの
自己陶酔と
満足感で終わってしまいます。

1~3年後には
またおなじ勉強をする
ドツボパターンなんです。

d1425906122aff1e90b9fa29ba8fc74c_s

次世代の美容師が
必要なスキル(能力)って?

1つ目は
時間感覚のスキル
(時は金なり)

勉強はかぎられた
時間のなかでおこなう。

勉強も時間をコマ切れ
(15分・30分・60分)
にして使うと集中力を養う
トレーニングになります。

例:本を読むときも
何ページまでというよりかは,
10分間のみというほうが
継続しやすく記憶に残るからです。

「1時間あたりの利益
=売上-経費(人件費+家賃)」

を計算できる
スタイリストは
再来指名率も高いんです。

2つ目は
ソーシャルメディアのスキル

フェイスブック・ブログ・
LINE・ユーチューブ・
Twitterなど

すべてを中途ハンパに
やるよりも
どれかひとつを
突き抜けさせる。

例:フェイスブックなら,
友達の友達にドンドン,
メッセージつきで
お友達申請をする。

本当の自分を
知ってもらうよりも
あなたメディアを通じて
相手にどう見せたいか?
を考えましょう。

友達を紹介するような
キモチで自分を
プロデュースしていく。

(自分メディアの育成が
あらたな出会いを引き寄せます。)

3つ目は
生涯仲間をみつけるスキル

同職(美容師同士)よりも
同業界(エステシャン・
ネイリスト・ディーラー・
メーカーなど)のなかで

目指すものが
似ているかたをさがす。

たまにしか
接触できないよりも
近場で会ったり
話したりすることが
可能な関係がBESTです。

たくさんの使えない
人脈をつくるよりも

たくさん人脈を
もっているかたと
関係性を深めていく。

かぎられた時間のなかで学び

仲間と時間を共有しながら

ソーシャルメディアを育てて
チャンスにつながるまで
あなた情報を発信する。

ビジネス脳(経済的・
時間的・心理的にも
豊かになれる考えかた)
をもった美容師リーダーが

これからさき10年は
求められているのかもしれません。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)