情勢がよめる美容室は,体験を商売にしています

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

多くの新規のお客さまを
集客できる美容室が
やっている単純明快なコト

img_v01_01

“ 今の時代って,
どんな時代ですか? ”
と聞かれた場合,
あなたはどう答えますか?

『 高齢化社会 』

『 モノの需要より供給がオーバー 』

『 大量生産 』

いろいろと
考えられますよね?

わたしがいまの時代って?
と聞かれたら
こう答えます。

『 情報があふれる時代 』

何か分からないことがあれば,
あなたはどうしますか?

スマートホンを
かならず開くはずです。

インターネットが普及した
1995年ころの情報量と
2010年以降の情報量とでは
約1000倍ふえていると
言われています。

美容バブル時代
(シザースリーグが
放映されていたとき)だったら,
チラシをつくればお客さまが
来店していただけていました。

スポンサーリンク:
[ad#ad-2]

ところが,まずお客様が
チェックするのは
お店のホームページやブログ。

まずどんなお店なのかを
お客さまは知りたいんです。

ニッポン中にある
美容室の軒数は約23万軒と
言われています。

情報があふれでている時代で,
あなたの美容室を
見つけてもらうには
何をすべきなのでしょうか?

美容メーカーや代理店が

『 これからの時代は
いかに他店と差別化するかです! 』

とお話されているのを
よく聞きますが、
これからの時代には通用しません。

それはなぜか?

差別化とは,となりのお店が
やっていないことだからです。

はじめは良くても,
“ いいね ”と思うことは
ほかのお店にもマネされてしまうんです!

そうならないために
すべきことなのは

“ 独自化 ”

あなたのお店でしか
体験できないことを
お客さまに発信すべきなんです。

“ ゲストブログ ”

o064003561401861220089

当サイトのあらたな試みで,
美容業界でも指折りの
パワーブロガーで,
手づくりPOPにもくわしい
“ 黒メガネ王子 ”さんに,
期間限定にて
代筆をおねがいいたしました。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)