技術が大好きな男性美容師さんの分かれ道

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

美容専門学校を卒業後
20代前半で美容室に就職。

アシスタントという
「弟子の立ち位置」からはじまり

3年後にヘアカットのできる
スタイリストに昇格・・

また3年後にお店の
トップスタイリストになって

指名してもらえる
お客さまが月間100名超え

30代前半をむかえ
金融機関から借り入れをおこし
独立開業・・

先日の記事をご覧になって頂けましたでしょうか?

女性美容師さんの素晴らしさ
突然ですがいま, 私のクライアント = 美容室は 60軒しかありません! これ以上増やしてしまうと 関係性が希薄になってしま...

カリスマ美容師時代
(2000年前後)では

男性の方が飛躍的に
クローズアップされてきました。

しかし美容業界の屋台骨(基礎)を
作り・維持してきたのが
女性美容師さんあること。

そして今後もそのことに
変わりはないということを
お話させて頂きました。

わたし自身も男性美容師さんが
キライというわけではなく

「 髪を切ること,
デザインすることにコダワります 」

「美容室経営?だけに
ドップリハマっています!」

という方( 特に40代前後の方)に
” 警鐘 ”させてもらいます。

女性が中心で女性を
相手にする商売は
基本的に女性が
おこなっていくのが
理想ですし自然です。

若い頃(特に20代後半
~ 30代前半 )なら

女性のお客さまも人気や憧れで
来店されることもあると思います。

しかし時が流れ,
知識と経験が積み重ねられた
男性(美容師さん)・・・

ふつうの会社員や他の業種なら
これから( 40代以降から )が

その業界にやっと馴染み
成果を上げていくところなのですが。

ココは美容業界・・・
自身がブランド化してない限り
キビシいのかと思います。

例:植村 秀さん( シュウウエムラ )・

森下秀彦さん( どSシリーズ)

彼らのように自身がブランド化し

その考えを商品化して
業界に流通を起こしていく。

( 他業種ですけど,このお方が理想です)

これは美容業を生業とするかた
スベテに言えると思いますし
もちろん理想です。

これが出来れば
将来的には美容室経営だけでなく

講習会を開催することや
物販でもいろいろな
展開を仕掛けられます。

e9946140

・・・でもね
勘違いしないでください!

「 コダわっていけばいいんです。」

「 もっと勉強すれば
( デザインや薬学 )いいんです。」

と伝えているわけではなく

(何でもコダワり過ぎてしまうから
他者の意見が耳に届きづらい)

コダワッって・・
勉強しているなら

それを伝えていくことのほうが大切なんです。

お店に来店されたお客さまに伝える?

・・・伝えたいことを求めていない!
お客さまが来店されたら
どうしますか?

求めている??
お客さまが来店されるまで
“ 50年 ”くらい待ちますか?

伝えたいことを求めている
お客さまを探索して掘り起こす

= 潜在需要のあるお客さまを探す!

これに対して行動を起こしていきましょう。

どのように?・・・

いまはインターネットの
インフラが整っています。

察しのいいキミならもう,
お解りですよね G美容室のMくん。

そうです!
自分の考えを発信する媒体
= 個人放送局をもつこと。

最初は文字や文章から始まり,
行き着く先は音や映像を使っていく。

自分の経験や知識を余すところなく
『表現できる場所』をもつこと。

極端に言えば
自宅やお店に居ながら

全国・全世界に自分を知ってもらうことが
可能なんです。

次代を考えている美容師さん
(特に男性)には考えて欲しいですね。

自分という( 社会的 )存在を
多くのかたに知ってもらうこと。

それに対して
【 話題 】【 反論 】
【 賛同 】【 共感 】してもらうコト。

これがブランド 【 表現価値】なんですから。

450-201205140837459920

最高のコメントを▽▲▽▲
【 賛辞 】頂戴いたしました▽▲▽▲

↓↓↓下へスライドしてみてね↓↓↓

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

『技術が大好きな男性美容師さんの分かれ道』へのコメント

  1. 名前:どS美容師 投稿日:2013/11/18(月) 06:29:12 ID:1125a29d4 返信

    初めまして〜 場末のパーマ屋 どS美容師でっす♩

    うっは 出てるし(笑)

    とてもわかりやすくて いいブログですね〜〜〜

    話題 反論 賛同 共感 ってのも 染み込みます!

    男性美容師の行き先の難しさは みんなきっと

    ずっと悩んでいます。

    マイホームや 子供も大きくなり、高校・大学など

    人生でもっとも支出の増える 40〜50代。

    その前にピークを迎え だんだん落ちていく美容師という仕事。

    そして 現場を引退してからの老後の不安

    こりゃ 男性美容師の 永遠のテーマですよね♩

    どっかに 希望は落ちてるような気はするのですが・・・

    インフラ整備も含め 根底から考えて行かなくちゃいけん問題かも知れませんね。

    また参考にさせてもらいます、よろしくお願いします。

    • 名前:美容ディーラー 投稿日:2013/11/18(月) 08:41:39 ID:51395cabc 返信

      拝啓、どS美容師さま・・

      待ちに待ったこの日がやってきました。

      なぜ、わたしがブログを始めたか?

      それは約一年前、美容師ブログの先駆者、

      どSさんのブログに出会い、衝撃を受けたからほかなりません!

      (毛髪理論はほとんど解らない”ダメ”ディーラーですが【泣】)

      どSさんのブログの構築の仕方,目的とする場所(着地点)、

      すべてが男性美容師さんの目標とするべき答えだと思ってます。

      私はどSさん”だけ”(他の方には失礼にあたりますが・・)に

      観てもらう・・読んで頂きたく、

      ブログ村(美容室・サロン部門)にも参加しました。

      これからもイチファンとして”場末のパーマ屋の美容師日記”を

      ココロより応援しています。

      今日は貴重な時間を割いてまで、

      コメントいただきありがとうございました。

      ・・敬具・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)