1人勝ちの求人広告!伝わってしまう美容室経営の本気度

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

はたらく美容師向けの求人も
ここまでくるとパフォーマンス度
(訴求効果)がメチャクチャ高いです。

o0684096013396900856

千葉県を中心に展開されている
トゥルース美容室さまの求人広告を目にしました。

(残念ながらディーラーとしての
お取引もなければ
まだお会いしたこともありません)

1強100弱の求人広告

はじめ目にしたときは
お客さま向けのチラシかと
思ったのですが

まちがいなくはたらく美容師さんだけに
向けた求人広告です。

情熱の赤色と清廉さの白色を
メインに配色した
ド派手な広告は
黙っていても目立ちます。

引越し支度金10万円と
自社寮完備のうたい文句は

地方から上京して
首都圏で働きたい!

って考えている美容師さんたちには
何よりのバックアップです。

キッズルーム完備(無料)は
はたらくママさん美容師向けに。

どんな美容師さんでも
「転職するなら? の候補店」
に加えるはずです。

よくちまたで見かける
求人サイトでは

いちスタイリスト思考が強すぎる
美容室オーナーに多いのか

コンテスト出場やヘアショー参加などの
「技術関連」押し・

バーベキューや飲み会などの
「コミュニケーション」押し

などの自分のお店が
どういうことをやっているのか?

ということだけを宣伝したがります。

・・他店から移ろうと考えている
美容師さんからしてみれば
どうでもいい話しなんですね。

希望している職種があるのか?ないのか?

(美容師「スタイリストorアシスタント」・
ネイリスト・エステシャン・レセプション・
ビューティーアドバイザー・
さらにはクリーンキーパーまで)

給与がいくら貰えるのか?

休日はどれくらいあるのか?

どんな転職オプションがあるのか?

(トゥルースさまでいえば
支度金10万円・寮やキッズルーム完備)

はたらく美容師さんは比較しています。

なにと?・・
いま所属している美容室とです。

美容師職にかかわらず
どんな職種でも「転職」するときは
かならずといって
いまいる職場よりも好条件を求めます。

いまよりも下がるとわかる
条件下に転職なんかしません。

「ウチのスタッフはちがう!」

って思っているオーナーさまも
数おおくいらっしゃいます。

「技術を学びたいから!」

・・間違いではありませんが
上手いのか?学びたいのか?を
決めるのはお客さまでもなく

もちろん経営者でもなく
転職をかんがえる美容師さんたちです。

ca4f3450cb4fa3756220d6e3a0dd6c80_s

弱者だからこそできる密な人間関係

美容室業において
「集客広告」は商売をつづけていれば
何度でもやり直しがききますが

「求人広告」は基本
美容師免許取得者のみという
ボーダーラインと

過剰な美容室軒数のせいで
新規オープン以外
集まりにくくなっています。

なぜか100軒中80軒は
「求人」によりも「集客」に
力を入れたがります。

ひと(スタッフ)が居れば
ひと(お客さま)を集めて
なんぼでも売上はつくれます。

スタッフをこよなく愛して
評価してあげれば・・

スタッフ自身が
お客さま(予備軍)を
連れてきてくれます。

父・母・兄・姉・弟・妹・
祖母・祖父・叔父・叔母・
伯父・伯母・

家族や親戚だけでなく
友達や知人まで連れてきてくれます。

・・もしも?
全員お店に足を運んでくれたら
ひとりのスタッフだけで
10人以上の新規客獲得です・・

・・この集客効果を聞くと
集客なんていつでもできるのは
おわかりですよね。

接客サービス業は
「(はたらく)人ありき」
ってことをもう一度
思いだしてください。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)