コンテンツ(良質な記事)を生みだすためにおこなった3つのこと

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

ブログを1日でも
続けるために大切なこと。

ひとつ目は

「 書き過ぎない・・
でも辞めない 」

最初の1週間(7日間)から
飛ばしすぎるかたにありがちなのは

あまりにもいい記事を書こう!
ウケる記事を書こう!

という意識が強すぎて
空回りしてしまいます。

0cdfbe417f1555fe3101dd4c09ea008c_s

野球に例えると
いくら天才とうたわれている
メジャーリーガー
イチロー選手でも
打率4.00(4割)超えは
難しいですよね。

10打席中4本のヒット・
1000打席中400本以上の
ヒットはなかなかできません。

ブログも同じく
すべての記事が
当たるわけではないんです。

駄(めな)作(品)も
あれば書いている
ほとんどが凡作
(可でもなく不可でもない)です。

でも30~50記事に
ひと記事くらいはあるもんです。

ブログをつづけてさえいれば
「逸作」と呼ばれるに
ふさわしい記事(看板作品)に
めぐり会うことができます。

いいブログサイトほど記事数が多く・
必ずといって逸作があります。

ふたつ目は・・

「 300記事を貯める 」

でもコレがいちばん難しいんです。

「今日はアレを食べました」

「きのうはココへ行きました」

芸能人や有名人でないかたの
日記なんか読者は
まったく興味がありません。

どうしてもネタが見つからないときは
自分の興味のある本を読んで
7分割にしてあらすじを
伝えてみるのもいいです。

あなたに興味がなくても
本に興味をもつかたは必ずいますから。

ブログが開花するまで
時間はかかりますが

毎日ではなくても
「毎週月曜日に更新する!」
っていうのもありです。

ブログははじめの3ヶ月間を
一所懸命やるよりも

1年間おおきな間隔を空けず
定期的に更新したほうが
右肩上がりに読者を集められます。

3つ目は・・

「 ソーシャルメディアと連動する 」

数あるソーシャルメディア
(フェイスブック・Twitter・
Googleプラス・LINEなど)

のなかでブログ記事の
反応を見やすいのが
「フェイスブック」です。

フェイスブックにリンクを
貼りつけるときには
「ブログを更新しました」よりも

「○○をテーマに記事を書きました」

「○○に感動したわけを伝えます」

「○○で笑ってしまったわけは・・?」

というように
なにについてのブログ記事なのか?

を伝えるほうが
いいね!やシェア!されやすいんです。

0cdfbe417f1555fe3101dd4c09ea008c_

ブログは特別な
ソーシャルメディアではありません!

だれもがいつでも
気軽にはじめることができます。

だれもが知っているブログと
身内や親しい友だちさえ
知られていないブログの差はなに?

ブログをつづける・・

記事を貯める・・

見てもらう努力をする・・

ひとつずつ積みかさねた数
(=経験値)だけなんです。

まずは3ヶ月間×50記事
貯めてみましょう。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)