ほめ言葉の技術レベルがあがると・・あなたの人生は好転します!

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

自分の主張が
強いひととどううまく付き合うか?

男性が76歳・女性が82歳という
平均寿命のなかで
仕事に関わる時間は何年でしょう。

bbff950c647492150ec211d842ca1a16_

40年間,仕事に就いていれば出逢いは必ずあります

高校・専門学校
または大学を卒業してから
社会人の門をたたいてから

60歳までの40年間という
ながい人生の時間を
仕事に捧げています。

みんな仕事に就くことで
いろんなかたと出会います。

わたしも営業という職業がら
20年もはたらいていると

2000人以上のかたと
出逢い,顔を会わせました。

職場や取引先・お客さまなど
立場はそれぞれちがっても
人間関係なしの仕事はないでしょう。

そのなかでとくに
自尊心(世間一般ではプライド)が
高いひとにもたくさんお会いしました。

とくにながい時間をかけ
1代で会社を築いた社長・
経験値のすくない中間管理職に多いです。

ただ社会にもまれたなかで
築いた地位には図れないほどの
苦労もあるわけです。

自尊心と自己主張の強いかたほど
自分の立ち位置よりも
「 下 」と分かれば

面倒見のいい兄貴分や
姉御系に変わります。

基本的には自分よりも
年下を好みますが

配下の礼(敬意をあらわした態度)
をとる年上もこばみません。

かならず2回以上は接触する・・

相手を認めて
褒められるところをさがす・・

そしていいところ・
好きなところを言葉にする・・

「すごいです!さすがです!」

「○○なところが好きです!」

という言葉を伝えましょう。

お世辞というよりも

「 褒めてもてなす 」

「(敬意の)気持ちをつたえる」

という行動が大切なんです。

不景気ないま
なかなか自分のこと褒めてくれる・・
気持ちを高揚させてくれる・・
かたがいないんです。

褒めるほうに
まったく余裕がないんです。

だから叱ってしまう・
感情まかせに怒ってしまう・

ひとのアラ(欠点)
ばかりが気になってしまいます。

bbff950c647492150ec211d842ca1a16_s

ほめ言葉に気持ちが乗ると・・

人間関係を上手に
活かすには相手を
ほめるのが1番です。

ひとの行動の自然は
欠点を分からせる・
または注意するよりも

ほめられた相手に近づきたがります。

当りまえですよね。

だってわさわざ言われなくても
自分の欠点は
自分が一番分かってますからね。

褒めた相手にさらに一歩踏みこむには
具体的に褒めることが大切です。

「こんなに大きな仕事は
○○さんしかできませんよ!」とか

「○○さんは
(自分のいる業界)の
松下幸之助さん

(もちろん褒める相手が
尊敬するひとを事前に知っておく)

みたいですね。」

というように具体的な
言葉をだしましょう。

「あからさまにほめる!」

「わざとらしくてイヤ!」

というひとが
日本人のほとんどです。

「ひとを褒める言動」は
1日や2日くらいでは
身につきません。

「1日1褒め言葉」を
職場や取り引きさき・
そのまえに奥さんや子供・
または以外の家族へ
言葉にしましょう。

自然と相手を褒め称えることが
身についたら
あなたの人生は明るくひらけます。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)