リーガルハイから学ぶ自分メディアの話題づくり

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

2016年の大河ドラマの主役に
決まっている俳優の堺雅人さん主演・
フジテレビのリーガルハイで演じた
弁護士・古美門研介がとっても
カッコよすぎます。

2013年・2014年
2期にわたって連続ドラマ&
スペシャルドラマとして
放送されていましたよね。

裁判・法廷に
興味がなく無知識のわたしに
わかりやすく教えてもらいました。

saibanninnsaibanhoutei1

コメディーとシリアスが
バランスよく入りまじっていて
バイプレーヤー(脇役)として

最高の演技者である
堺雅人さんのセリフや身振りが
とってもわかりやすく印象的でした。

新米弁護士役の女優の新垣結衣さんとの
W主演ながらふたりのかけ合いは
とてもスピード感があります。

シーズン1では長年の敵役として
弁護士事務所社長役・生瀬勝久さん。

シーズン2では理想の社会を目指す
検事役として岡田将生さん。

さらには生瀬さんの
秘書役に小池栄子さん・

古美門研介の執事役
(なんでもできるお手伝いさん)に
里見浩太朗さんや

シーズン2で日本中から誹謗中傷を
あびる死刑囚役に小雪さんなど
主役のかたとうまくからんでいます。

【裁判で勝つことがすべて】
と唱える古美門研介と

裁判では真実を明かすことが
大切と言う黛真知子役の
新垣結衣さんのふたりが
何度もぶつかりあいながらも

【弁護依頼人はかならず助ける!】
という答えにかならず
向かっていくのも人気のひとつです。

そしてドラマの挿入音楽も
いままで聞いたことのないような
ロック?スカ?クラシック?ゴスペル?
ソウルミュージック?・・

でもドラマの場面ひとつひとつに
あったテンポが軽快な曲です。

ドラマの物語で注目なのは
シーズン1第9話で村の自然が
汚染されるなかで妥協してしまう
年老いた村民たちに・・

またシーズン2最終話に
憎しみやネタミのない理想の世界を語る
「ウィンウィン」検事役の
岡田将生さんに対して

5分以上におよぶ長ゼリフを語る
堺さんの演技力!!

圧倒的な存在感という
言葉がふさわしいです。

医療訴訟・離婚裁判・企業法務・
ご近所トラブルからいじめ問題まで
現実の社会でも起こっている
裁判を思わせているようです。

「ガニ股「朝ドラヒロイン」
「ゆとりの国のヘタレ王子」など
言葉の中傷も多々でてきますし

もちろん公の裁判としては
あるわけがないフィクションです。

もちろん反発やクレームも
たくさんあったでしょう。

ただこの「リーガルハイ」を
手がけたプロデューサーを
はじめとする製作者たちが
一丸となってつくりあげた
ドラマで話題をつくりあげて

再開をのぞむ強烈なファンたちによって
3度も連続・スペシャルドラマとして
放送されてるんです。

[無料]人気ドラマ for youtube

無料
(2015.06.09時点)

App Store

posted with ポチレバ

問題を訴えるメディアに
ひとは自然とひきよせられる・・

いまのメディア慣れした
ひとたちにたいして支持されるには
どれだけ印象ふかい
衝撃(インパクト)を提供できるか?

すこしくらい異論反語があったほうが
話題になりやすいというのを学びました。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)