時間給の高い営業マンは情報発信に自分メディアをつかう

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

今年にはいって3ヶ月のあいだに
3人の営業マンにお会いしました。

彼らはそれぞれが
違うディーラーに所属しており
役職やキャリアもバラバラです。

ただ3人に共通していることは
悩みというか将来への不安を
いろいろと抱えているようでした。

美容室が全国23万軒を超えたことで
ディーラーやメーカーだけが
潤うようにみえますが

大小関わらずメーカーが増え
ディーラーもいまや
値引き競争による
「仁義なき闘い」によって
利益が削られています。

大手や中堅ディーラーも
毎年のように雇用社員への
賃上げだけでなく

社会保険や厚生年金の
負担額も増加していくことで
会社もいままでのような
維持が難しくなっています。

そうなるとディーラーは
隣県や隣々県にまで
商圏エリアを拡げていくことで
売上高をあげようとします。

所属する営業マンも
新規美容室の獲得と
売り込みを強いられるわけです。

3人のなかには
100軒以上の美容室を
担当されている営業マンもいました。

かたや1都4県にまたがって
美容室廻りをされている
営業マンもいらっしゃいました。

どちらが良いのかは別にして
どちらも朝から夜おそくまで
車を走らせ美容室を訪問して

あるときは美容室が
営業時間終了後の商品勉強会・

またある時は美容室の
経営者たちとの食事やお酒のお付き合い・

さらにあるときは仕事を終えたあとに
自社で夜な夜なとめどなくつづく
営業会議というように・・

いくらタフネスが売りの
美容ディーラー営業マンといえども

自分の将来をかえりみず
家庭を犠牲にして午前さま

そのうえ低年収のままでは
いつまで経っても時間的・
経済的にも報われないのが
現実なんです。

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

私も独立してから1年間は
ガムシャラに新規美容室への
飛び込みもたくさんしていましたが

いまは紹介いただいた
美容室以外に飛び込むことは
なくなりました。

美容室廻りも19:00には終了して
20:00までには帰宅しています。

ただ美容ディーラーの
社員時代とちがうところは
朝5:00に起床してブログを更新したり

フェイスブックのチェックや
気になった記事や話題を
独自のメディアを通じて発信しています。

ディーラーと美容室の関係性は

「訪問の回数の多さ?」

「取り引きの年数??」

「メーカーや外部講師に
頼りっきりの講習会???」

だけだと物足りないのでは?
と感じています。

ただの看板がわりである
美容ディーラーのホームページ・・

美容師さん側からすれば
興味があるのは
取り扱いメーカーのみ
なのかもしれませんね。

ソーシャルメディアを
育てている美容ディーラーは

商品と情報発信がセットで
はじめて自社の価値と考えています。

(・・読まれるかどうかも
わからない紙媒体の
パンフや資料配りではなく

いつでもどこでも
かんたんに知ることができる
メディアをつかった情報発信です)

営業マンひとりひとりが
フェイスブック(個人)・
フェイスブックページ・

ツイッター・Googleプラス・
ユーチューブ・LINE・
アメブロ・アメーバオウンドなど

90%の美容ディーラーは
波及効果のたかいメディアを
育てていません・・

でも育てている
美容ディーラーには
あらたな商売ができてしまうんです。

ソーシャルメディアを
うまく活用できる・
協力して連動できるようになれば

会社のホームページなんて
まったく必要ないんですし

自分自身が商品やサービスの
付加価値になってしまうんですね。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)