成功する独立へ1歩目!働いていた美容室での記憶を忘れてしまおう

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

技術をおしえてくれるかたは
たくさんいる・・

でも経営の手法は
自分で学ぶしかないんですかね?

ひとりの美容師スタッフから
独立開業という経験を経て
経営者になるとき

「開業する直前に所属」していた
美容室のやりかたに
自然とおおきく影響されて
しまいます。

とあるかたは県内でも
長い年月をかけて
ハイクオリティを売りに
規模がおおきい

(40坪以上・10名以上)
ところで10年以上働いていました。

いざ自分で美容室を
開業しようとすると
40坪とはいかないまでも

コンビニエンスストアの居抜きで
それに近い面積・家賃が30万円

スタッフも5名以上を雇い
借り入れ金も1000万円強。

しかし5年経ったいま・・

スタッフは年をを追うごとに
辞めてしまい

経営者がたったひとりで
プレイングマネジャーとして
がんばっているそうです。

またとあるかたは
何10店舗もかかえる
安売りチェーン店のなかで
月間売り上げBEST5に
はいっていた美容師さん。

自分の店舗を構えたときに
所属していたお店での
指名客が流入してくるのを
見込んでいました。

しかし自分のお店では
安売り店同様の価格にできないので
メニューの価格を
あげてしまったんです。

1度は義理で来店してくれた
お客さまも徐々に
もとの安売り店に戻ってしまい

お店の売り上げも
前店に所属していた個人売上の
1/3くらいになってしまったようです。

9690be70a8e686b4f4ab6eb7b2cd4be0_s

独立まえに所属していた
美容室での体験は
知らず知らずのうちに
おおきな影響を与える。

「 技術が上手いでしょ! 」

「 美容室をオープンしました! 」

ではお客さまが集まらない時代に
なってきました。

経営者としての
成功への第1歩を
踏みだすためには

所属していた
美容室での体験
を1度捨ててしまい
フラットになった状態にする。

経営者として
=来店客の立場にたって

どんなお店づくりが
お客さまにたいして目立つのか?

どんなサービスが受けるのか?
考えてみましょう。

社員(スタッフ)時代に
見てしまったものや
体験してしまったこと・・

美容室の内装・スタッフ数・
来店客数などとっても
いい思い出だけが
アタマに残ってしまい

いざ自分で独立!っていうときに
なって大きな障壁となって
立ちはだかります。

自己資金や返済金額に
当面(3ヶ月)の運転資金

開業するとき・・
開業してからも
なにかとお金が必要です。

美容師としての
感性や知識よりも

(理想)どうしたら
ひと月に400名の
お客さまを集められるか?

どのようにすれば
100%再来させられるか?

1年後,あなた以外の
スター選手の育成や輩出だけが

地域を代表する
美容室への足がかりに
なっていきます。

ワク(枠)やカタ(型)に
はまったお店づくりなら

あなたよりさきに独立した
おおくの先輩がたが実践されています。

すべてはあなた自身が
思い描いている
未来図どおりにしか
ならないのも事実です

あなたを慕って集まった
お客さまやスタッフに対して
将来のビジョン(予想図)や
特別な想いいれがあるなら

(理想の)地域を代表する
お店になることが
これから10年間
あなただけに与えられた
義務(使命)なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)