ブログに集客したいならアンチファンを獲得しましょう!

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

アンチファン(異論・反論)が
いるブログにひとが集まる理由。

記事を書きつづけなきゃ
人気記事なんて産まれないし
ひとが集まるブログはつくれませんよ。

「ブログを書いているとき
なにを思い浮かべていますか?」

(美容業界人Kさんから
もらった質問)

人まえで話すことよりも
お気楽そうみえる
ブログ投稿ですが

ひとが集まるソーシャルメディア
(ブログ・Twitter・
フェイスブック・LINE@)
を所有しているかたこそ

細部(文頭・文脈・文末・
画像・文間の空白さえも)
にわたって工夫を
いれているそうです。

フェイストゥーフェイス
(相手を目のまえに)で
話していれば
かりにいま
相手に失言したとしても

そのあとの時間で
訂正して謝ったり
表情や身振り手振りで
関係をギクシャクさせずに
持ちなおすこともできます。

ただソーシャルメディアでは
1度投稿してしまうと
おおくの読者の目に触れて
訂正することができません。

投稿して内容にたいして
おもしろくない!
カンにさわる!
って言われるこもあります。

でも裏をかえせば
アンチファンがいる
ブログじゃないと
ひと(読者)は集まらないんです。

反対にゆる~い感じで
注目させて共感を
あつめるフェイスブック。

でもフェイスブックは
検索エンジンにもかからず
Googleの歴史にも刻まれない
「いまのあなた!チラシ(広告)」
みたいなもので
そのときかぎりの単体情報です。

4d14d4e52e79635c9c48cc21e3e81369_s

ブログは記事が
蓄積されればされるほど

厚みが増しひとつの記事からも
景気や時流のキーワード検索によって
ヒットされていきます。

プロ野球にたとえると
球界の盟主と言われる
読売ジャイアンツ・・

野球を知らなくても
名前は知っていますよね。

相撲角界で言えば
平成の大横綱・白鵬関・・

相撲は興味なくても
このかたの名前を聞けば
なにをやっているひとか?
は5歳の子どもにもわかります。

読売ジャイアンツと白鵬関。
ふたつに共通するのは
知名度が高い!

そしてだれかに
負かして欲しい!っておもう
強烈なアンチファンが
存在することです。

「○○さんより好かれたい!」

「○○さんよりは学歴がいい!」

「○○さんより立場が上でいたい!」

競争社会に活きている
わたしたち日本人の
特性なのかもしれませんね。

ひとの感情って不思議で
多くのかたが知っているひとほど
アンチファンが存在して
自然とひとが集まり
熱中して盛り上がります。

異論・反論を抱かれない
ブログはいつまで
たっても認知度が低いです!

ブログもメッセージ性が
強烈なものほど
ひと伝いに広まっていきます。

『傍観』『無視』『抵抗』

『同調』『納得』『恭順』

(強烈なインパクトに対して
の感情変化)

なによりもいちばん怖いのは
『知らない!知られない!』
ことです

「発信したものが
まちがっているのか?」

「こんなもの発信したら
炎上して叩かれるんじゃないのか?」

って自分がおもってしまう
投稿記事じゃないと

反対におもしろい!なるほど!
って感じてもらえないことが
多々あります。

人気記事はそういうところからしか
産まれない・・・

『ひとの集まるブログ』を
つくりあげるには

つねに周りからの
視線や言葉に負けないハート

そして読者目線の記事づくりと
投稿量をこなすしかないんです。


フェイスブックページからも更新中です!

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)