フェイスブックページの投稿はハッシュタグ#をつかって拡散しよう

いいね!ならシェア願います

スポンサーリンク(10~12月期)
あなたのお悩み解決のヒントはココに!
読書は2刀流が楽チンです・・Kindleは持ち運びできる私だけの図書館。好きな時間、好きな場所で読書します・・13年にわたる書籍の販売で蓄積した販売数、カスタマーレビューの評価をはじめとする各種データをもとに、これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」を選定しました

どんな商売にも
かならず利用しておきたい
フェイスブックページ。

フェイスブックは
やっていらっしゃいますか?

いまは知り合い同士の
やりとりもLINEが
主流になってます。

ただ店舗接客商売
(お客さまが来店して
はじめて成り立つ商売)
に関していえば,

フェイスブックページは
新規のお客さまへの
看板SNS(ソーシャルメディア)
として使っておいて
損はないと思います。

60f6b17c0da25952d25b41e5a1ede427_s

1:フェイスブック利用者なら
だれでもフェイスブックページを
無料で作成することが可能です。

(企業・店舗・団体・個人問わず
・・個人的な趣味や
ブログの応援サイトとしても
利用できます。)

2:「いいね」の数によって
オリジナルのアドレス名に
変更できたり(100以上は変更不可)

ページ投稿への
リーチ数(表示された回数)・
リンクへのクリック数も確認できる。

3:検索エンジン(Google)
にもひとつのページ
(ウェブサイト)として
認識してもらえる
→ホームページとしての代用

注意事項として:
(個人アカウントを
偽FBページとしてつかっている
かたもいらっしゃいますが

検索エンジンにも認識されにくい
ので長期にかけてつかう場合は

キチンと個人アカウントと
フェイスブックページを
分けてつくったほうがいいです)

今回はさらに
フェイスブックページの
効果ある使いかたとして
ハッシュタグ(#)を紹介します。

ハッシュタグとは・・
その名のとおりページの投稿に

タグ(フダ・付せん)を
細かく設定することを言います。

もちろん個人投稿にも使えるので
お友達を増やしたいかたは
利用してみましょう。

たとえば投稿する記事に

#美容室・#エステ・#ネイル
とつけるとそれぞれ
おなじハッシュタグ(#)を
つけた記事同士に分類されます。

多くのいいね(1000以上)を
獲得しているページなら
つける必要はないのかもしれませんが

ハッシュタグをつけることで
フェイスブックページへの
リーチ数(表示される回数)が
2~3倍以上になります。

Twitterのアカウントも
お持ちなら連動させておくことで
Twitterのハッシュタグからの
アクセスも見込めます。

ほかの人がつけてくれた
ハッシュタグ(#)のおかげで
目に触れる機会が2倍以上に増えます。

ビューワー(閲覧者)の
目に触れ表示される
機会がおおくなると
自ページへのリンクなども
クリックしてもらう率が
自然と増えていきます。

自分のページへの訪問者に
他のページを紹介してあげる

⇔それ以上に他ページからの
訪問者が見込めるのも
ハッシュタグ(#)を
つかううえでの利点なんです。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)