売掛金を100%回収できる営業マンは独立起業しても成功する

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

10年間お付き合いできる
クライアントを見極めるには
最初の2ヶ月間でわかります。


若手営業マンのかたは
どうしても会社からの
新規店獲得や売上を
上司から詰められ
毎月悩まされることも
多いでしょう。

特殊とも言える美容業界は
毎月のように新規参入店が
増えていくので
飛び込み営業も
かけやすいです。

でも取引していただく
美容室を選んでいかないと
あとあととんでもないことに
巻き込まれてしまいます。

それは・・
売掛金回収の問題です。

美容室とディーラー間の取引は
ほとんどが当月売り,
翌月回収という売り掛けの
パターンが多いんです。

美容室からの回収金作業が
ひと月遅れてしまうだけで
ディーラーは2倍以上の
キャッシュリスク
(現金がない状態)を
負ってしまいます。

大手・中堅・零細問わず
売上よりも回収金を上げるのが
会社を正常に運営していくために
不可欠な作業なんですね。

ディーラーの取引先である
美容メーカーのほとんどは
当月売り掛け・翌月10日前後までの
振り込みになります。

在庫商売のディーラーにしてみれば
回収金以上の仕入れを起こすので

当然ながらキャッシュフロー
(現金の流れ)がうまく機能しない
場合もあるようです。

ディーラーの仕事は売ること3割・
集金すること7割・
あわせてが正当な評価!

(20~30代前半,
10年間お世話になった
会社の社長の口ぐせでした)

回収率が100%でない場合は
商品はいっさい
販売してはいけないんです。

回収作業が1ヶ月でも遅れる・
または累積請求金額が
運転資金の半分
(極端なはなし1万円でも)
を超えるようなら勇気をもって
手を引くべきなんです。

(なかなかこの見極めが
むずかしいところですが・・)

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s

個人起業するかたは
売ることよりも
集金回収する仕事を
とても重要視しています。

タマゴが先か?ニワトリが先か?
(売り上げor集金回収)
ということを考えるまえに

現金管理がシッカリしている
クライアントとしか
取引を継続しません。

毎月100万円の
売り掛けをつくるよりも
10万円分の商品を
現金払いするかたとの
末ながい取引を望みます。

売上アップ・集客の悩みを
相談をされても集金残がある
クライアントとは正直なところ
応援する気持ちさえ
無くなりますからね。

クライアントの
売上をつくってしまうことで
また仕入れが起きて
回収額が増えてしまうのは
簡単に想像できます。

回収率や回収高がイチバン!

できなければディーラーは
経営破綻を起こしても
致しかたないんです。

お客さま窓口である
営業マンも集金回収より
新規開拓や売上だけに
目がいってしまう。

一見順調な黒字経営にみえて
現金を回収できずに
倒産という中規模企業が増えています。

たくさんの商品を
売り掛けで買うところより
請求書がでる前に
支払いを用意している!

または現金引き換えを
望まれる取引先を探すことを
優先しましょう。

キャッシュマネージメント
(資金=現金管理)が
しっかりしているか?
いないか?

・・は初めて売上を上げた
次の月(回収月)から
始まっているんです。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)