ストアブランドが経営者を価格競争から守ってくれる

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

「商品販売再来率」
=再販率

あたらしく店頭に並べられた
商品をお客さまに販売してから
2~3ヶ月後に来店されたとき

もう一度おなじ商品を
買うか?買わないか?

店頭で熱心に
商品案内をしたけど

他店で購入!・
または楽天ショップで
購入されてしまった!
というを体験した
販売者は多いはずです。

残念ではありますが
買うほうからすれば
買いたいときにいち早く

いつもよりも安く買いたい
と思います。

近隣他店と競合する
商品を取りあつかう以上,

どうしても大型店や
Amazonや楽天ショップ
との価格競争に巻きこまれます。

美容室はお客さまの
来店タイミングに
すべて依存されるため

販売チャンスを
逃してしまうのも仕方がありません。

不正?な流通をなくすために
発売元も代理店をとおさず

販売元に直接販売する
カタチをとっていますが,

販売元が多ければ多いほど
競合していきます。

定価(消費者販売価格)を
メーカーに決められているので

儲けをだすには
値下げして販売数を増やし
利益高をあげるか?

値引きをせずに
買ってもらえるかただけに
販売して利益率を
まもるしかないんです。

特定メーカーの陳列・・

店舗の販売利益は
すべてメーカーの勢いだけに
左右されてしまいます。

美容業界では
いちスタッフでも
ストアブランド
(プライベートブランド)
を出せる時代になりました。

シャンプー・トリートメント・
ワックスやインバス・
ボディソープから基礎化粧品まで

小ロットから製造してくれる
OEM化粧品の
受託工場があります。

ecf2c4b78217c0c07fdde3b416cb5caf_s

なぜストアブランドがいいのか?

理由その1:
他社と競合することなく
永続的に商品販売を
安心しておこなうことができる

(ロングセラー)

理由その2:
既製商品とちがい
定価-仕入れコスト
=限られたわずかな利益
という考えかたから

原価+ほしい利益
=設定する定価
となるため
スタッフにも高還元できる。

(説明努力に対する高対価)

理由その3:
あなたのお店でしか,
または業務提携する
ネットショップでしか
購入することができないので
価格競争で乱立しない,
さらには商品販売の自動化。

(販売ルートの管理)

理由その4:
1番の利点としては
「商品の名づけ親」
=メーカーとなることで
商品にたいしての愛着が深まり
お客さまへの説明も
つたわりやすくなる。

(自社商品への絞りこみ)

商品の販売をおこなう
(店販率のアップ)

1年後もおなじ商品を
販売しつづけられるなら
(再販率のアップ)

拘束時間が長く
時間対価も
低くなりつつある
技術メニューより

しっかりとした
利益が確保できて
自動販売化も可能な
ストアブランドは
美容室のあらたな
利益の主力になるんです。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

『ストアブランドが経営者を価格競争から守ってくれる』へのコメント

  1. 名前:竹之内 進 投稿日:2016/05/08(日) 14:38:19 ID:49ed80a10 返信

    初めまして、ストアブランドに興味がありコメントさせていただきました。

    お客様や知り合いに独自の商品と、
    個人的なECサイトにもと考えております。

    美容室のホームページです。
    http://latte2006.com

    お手数ですがストアブランドについて教えて頂けると助かります。

    よろしくお願い致します。

  2. 名前:ガチンコ美容ディーラー 投稿日:2016/05/09(月) 08:44:13 ID:8f0c78fbc 返信

    竹之内さま、今回もコメントをたまわりありがとうございます。

    わたしはどちらかといえば、こと美容室の店販品に関してはとくに大手メーカーさまの既製品を並べるよりかは最低でも美容室名が記載されている商品を販売されことをススメています。

    いままでの商品の流れでいえばメーカー⇒ディーラー⇒美容室⇒お客さまというのが当たりまえでしたが(オモテにでない業務用ならまだしも)・・過剰な美容室軒数のなかで営業は個性をウタいながら、お隣とおなじ商品を平気で販売するのは??・・というジレンマを抱えていました。

    ただ、いまは小ロットでも商品をつくれて、SNSをとおして販売できるようになりました・・「だれが?」「なにを?」「だれに?」「どのように?」・・これからは←コレ←が明確になっている商品しかロングセラーにならない!とわたしは実感させられています。

    http://kkss81.com/utunomiya/archives/5030

    まずは自社商品を来店客すべてに使用させることが最初のカベですよね。

    これからもご支援のほどよろしくお願いします。

    • 名前:竹之内 進 投稿日:2016/06/05(日) 18:48:37 ID:80ffe526e 返信

      何度もコメントして申し訳ございません。
      OEM商品について詳細をお伺いしたいです。
      よろしくお願い致します。

  3. 名前:ガチンコ美容ディーラー 投稿日:2016/06/06(月) 09:29:26 ID:83da2df52 返信

    竹之内 進さま、コメントたまわりありがとうございます。

    https://www.google.co.jp/?ion=1&espv=2#q=OEM%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC

    検索してみるといまの時代性(メーカー既製品販売による非差別化)からみるとOEM

    を取りあつかっているメーカーは結構あります。

    竹之内さまの想いや考えに合った会社が見つかるハズです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)