売上目標の早期達成に大切な季節指数とは?

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

売上目標の立てかたから
わかるキャンペーン企画の
成功(達成)と失敗(未達成)

数字につよい
スタッフ(社員)を
育てると
目標を達成する
意識力が高まります!

なぜなんでしょうか?

POSレジですか?
Airレジですか?

いまは美容室のレジも
進化して売上目標や
ヘアカット・カラー・
パーマやトリートメント比率,

新規再来や来店比率・
指名率などもで
かんたんに計算してれます。

ただ(売上)係数を
自動で計算してくれるぶん,

なぜ?どうやって?
その数字がでてくるのか?
わからないかたも多いようです。

10数年まえ
美容ディーラーとして
年末には次年度の係数を
オーナー・スタッフたち
一緒にアナログで
計算したこを思い出します。

時間はかかりますが
自分たちで売上や客数・
ヘアカラーやパーマの比率の
目標値がでることで

キャンペーンの成否が
売上にも左右されるので

スタッフ一丸となって
目標達成に取り組んでいました。

bandicam 2015-02-09 10-48-35-479

すべて目標を決めるうえで
指針とも言うべき

「季節変動指数」
聞いたことがありますか?

「季節変動指数=月別指数」
なくして目標は立たないんです。

季節変動指数の出しかたって?

(最低でも)過去3年の
売り上げ(月別・年間)

例:2012~2014年
3年間の総売り上げ
= 5500万円

4月度だけの売り上げ
(3年分)
= 500万円
500 ÷ 5500
=0.9(9%)

この0.9(9.0%)
という数字が
「季節変動指数」になります。

スポンサーリンク:
[ad#ad-2]

各月1~12月分を
同じような行程で
算出ていきます。

かならず12ヶ月合計で
100%になるように
閑散月(2月・9月)や
繁忙月(3月・7月・12月)
で微調整しましょう。

つづいて今年度の
売り上げ目標決めます。

仮に8%アップ
(3年間平均約1840万円)
だとすると

今年の年間売上目標は
1990万円(1840×1.08)
になります。

今年の目標売上1990万円に
1~12月の「季節変動指数」
を掛けていきます。

例:1月の指数(8.5%)
1990×0.085=
169.1万円が売上目標
という数字がでてくるわけです。

あなたのお店の
季節変動指数がわかれば
お客さまの人数・
ヘアカラー・縮毛矯正・
トリートメントの施術目標も

過去3年のデータをもとに
かぎりなく達成できる
目標になってくるんです。

ひとの心って
コンピュータがわりだして
与えられる数字よりも

自分たちで計算してだした
目標数字のほうが
リアルに体感できるし

目標数字を達成するための
企画やキャンペーンへの
思い入れが変わってきます。

「季節(各月)変動指数」

遠回りにみえても
あえて手作業で
(売上)目標を
つくってみることは

「数字につよい
スタッフづくりには
欠かせない勉強」なんですね。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)