美容業界で独立できないひとの3つの壁

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

できないのは

「聞かない!」

「行動しない!」

「経験しない!」

という壁
(=心のなかのブレーキ)が
中山さん(仮名)を
いつでも邪魔している
からなんです。

「集客したいです」
「売り上げをあげたいです」
「お小遣いがほしいです」
「お金に困らない将来でいたい」

想いと行動を
リンク(同調)させると
目標はかならず実現できます。

cb1e74521e86d1d01358164743ffca0d_s

個人(経営者)で
行動していると美容師さん
ディーラー営業,メーカー営業,

その他の美容関係者と
会ったり話したりする
機会が増えてきます。

ただ話を聞いてみて
実際に行動に移してみるかたは
意外とすくないもんです。

80%のひとが大小にかかわらず
企業や会社に属しています。

そのなかで会社に
バレないように
行動を起こせるか?

と言われれば
社員だったわたしにも
正直自信がありません。

「人生はだれもが1度きり」

多くの自己啓発系の
本にも書かれていました。

「後悔ぼそ(へそ)をかむ」

ということわざにも
ありますが

あとから後悔しても
ときすでに遅いということが
おおくあります。

たまに響いています!|名言から学ぶコーチング 【名言集】

人生でなにが宝か?と
聞かれれば
わたしは迷わず
「経験」と答えます。

社員時代に一所懸命
勉強した美容経営学,
独立するまでのステップ,

一職では食えなかったときの
決意と心がまえ。

確定申告における節税術や
商品流通のノウハウ

ソーシャルメディア
(とくにワードプレスブログ)
のつくりかたと魅せかた。

社員でいるときよりも
リアルで経験を
積むことができたんです。

「できることを増やしたくて
新たなことに挑戦してみました」
(R美容室Kさま)

美容ディーラーの社員時代
+ 個人(起業家)として
成功例や失敗談の経験値は
高い受講料を
払う講習では
得られない体験です。
(7割近くは失敗談かも)

ひとつ後悔している
ことと言えば

「10年早く独立起業して
おけば良かったかな?」

というだけです。

社員でいるからこその
安定も与えられますが

一部の一流企業をのぞいて
社員で学ぶには限界があります。

独立後のやりがいは
社員時の10倍以上・・

自分のアイデアやノウハウは
すぐにとり入れれば
成果(報酬)が
ダイレクトに
はね返ってきますしね。

「どの業界(分野)で活きていくか?」

「なにを商売(売り)
にしていくか?」

「自分にできるのか?
or できないのか?」

10年後を決めるのは
あなた次第です。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)