青色LEDから感じる,わたしの人生哲学

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

“ 青色LED ”で
ノーベル物理学賞を
受賞したニュースをみて,
あらためて人生における
経験の価値や
出会いの素晴らしさを
感じさせられました。

テレビを点けると
年末ならではの
特番がやっていますよね。

お笑い番組とかが
とても多いのですが,
今年話題になった
ニュースや出来事などあります。

わたしはたいして
面白くもないお笑い番組や
オリコン歌手が歌っている
番組を見ているよりも,

ニュースなどの特番を
観ているほうが
数倍おもしろいと思うのです。

でもこれは歳をとったという
証拠なのでしょうか?(笑)

48a3f02ca87c1366e8f60bfc104d2b2e_s

そんな特番の中で,
20世紀には不可能とされていた
“ 青色LED ”で
ノーベル物理学賞を
受賞したニュースも
今年の顔として
良よく取り上げられています。

今回はそんな青色LEDについて
書こうと思ったのですが,
なにぶん何が凄いのかも分からなく,
そのわりには記事にして
しまおうという情熱大陸。

人生ってなに事も
まずはチャレンジしてみる
のが大切なワケなのです

スポンサーリンク:
[ad#ad-2]

ともあれ私たちが
普段目にしている
いろいろなものには
青色LEDが使用されています。

この記事をスマホか
パソコンで見ている画面こそ
青色LEDの賜物。

もう本当身近すぎて
その凄さがわからないほど
青色LEDというのは
私たちの生活に
なじみまくっている訳なのです。

昔から電車を
利用しているかたなら
想像しやすいと思いますが,
駅のプラットホームには
何時何分に電車が来る
という案内板が出ています。

そう,イメージ的には
黒いボードにオレンジ色の
文字が書かれている,
いわゆる電光掲示板です。

電光掲示板に発光ダイオード
・・なんか昭和の
ロボットアニメみたいで
カッコイイですね。

発光ダイオード
(ウィキペディア参照)

そんな昭和の駅や
路地裏のパブから出てくる
頭にネクタイを巻いた
午前さまなサラリーマンを
彷彿させる電光掲示板から,

今ではまるで
パソコンの画面みたいな
きれいな案内版が
プラットホームにはあります。

ではナゼ?
青色LEDが
必要なのかと言いますと,

カラー理論を勉強した美容師なら
当たり前田のクラッカー的に
理解している知識だと思いますが,
色には三原色と言うのががります。

この三原色を組み合わせる事で,
さまざまな色を表現出来るのです。

この三原色には
“ 光の三原色
(赤、青、緑)”と
“ 色の三原色
(赤系、青系、黄色系)”
というのがあります。

前者は三色を
組み合わせると透明(白)になり、

後者は三色を
組み合わせると黒(グレー)になります。

青色LEDができて,
白が表現が可能となり
飛躍的に液晶などの技術が発達して,
その功績こそノーベル物理学賞なのです。

話が変わりますが・・
というよりも
今回の記事で言いたかったのは,
この事なんですが・・・

人生というのはまさに
“ 色の三原色 ”だと
私は思います。

最初は単調な
色かもしれないけども,

おおくの出来事や
出会った人たちとの
考えと交わりがあり,

色は重なり,
少しずつ変わっていき,
くすんでいくけども,

重なったくすみ
(経験値)こそが
その人らしさや
深みや人間味なのだと思う

光の三原色の
透明になるよりも,
どこか奥深く人間らしいでしょ?(笑)

bandicam 2014-10-16 05-46-33-799

 渾身の一筆 

“ ゲストブログ ”
「美容師という仕事と育児。
どちらも女性に喜ばれるから
だれよりも楽しんでます!」

nc508612

そんなちょっと変わった
イク麺美容師さんが,
独自の視点でブログを
つづってくれます。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)