次世代に伝えたい,健全な美容師のつくりかた

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

美容界の古き悪しき習慣

営業後の勉強会はなぜ必要ですか?

美容業界はむかしから
時間をかけるほど,
よくやっている!という
見かたが強いようです。

午前0時までワインディング
(パーマ巻き)の練習をしていました,

カットウィッグを切っていました,

毛髪,薬学などの勉強会でしたなど。

長い時間をかけて勉強して
いくことが良いこと??

だからヘアカットのできる
スタイリストと呼ばれるかたに
なるまでの時間が
3年もかかってしまう
当たり前の業界なんです。

期限をもうけない勉強ほど,
実(チカラ)にならないし,
ムダな作業が多くなってしまいます。

入社から半年,
または1年以内には
できようができまいが
ヘアカットデビューさせる・・

このゴールへの
期日があいまいだと,
スタイリストになってからも,
また同じことを勉強するハメになります。

営業後の終わりの見えない
勉強会(修行)は
ナンセンス(時代錯誤)?

スポンサーリンク:
[ad#ad-2]

さらには勉強会後の
食事は胃腸にも負担が・・

夜型になってしまうと
体調も崩しやすく,
肌荒れ・シミ・くすみの
原因にもなりますしね。

疲れたアタマとカラダでは,
明日の営業にも
差し支えてしまいます。


美容師のなり手が年々
減っている問題は
深夜までの拘束(雇用)時間も
ひとつの原因なのかもしれませんね。

“ 美容室 ”だからこそ健全な環境をつくる

勉強会の終了時間を
キビしくする!

店内にスタッフを残さない!!

早々と帰宅させて,
しっかりと睡眠をとらせる!

こともスタッフ教育の一環です。

“ 夜型 ”から
“ 朝型 ”への変化が
スタッフを変えていきます。

曜日や季節によって,
美容室の終了時間もさまざまです。

ただ,どんな理由があろうと,
午後9:00には帰宅させる。

開店2時間前に
出社して勉強する。

営業後のダラダラした
3時間のむだ使いよりも,

開店前30分間の勉強のほうが,
知識の吸収や
仕事への意識も
変わっていくようです。

朝早く出社して,
店内でスタッフ総出で,
朝食をとり,ハミガキをして,
店内外の掃除をおこなう。

歯を動かし,カラダを動かし,
脳をリフレッシュする。

00232f378e6f776b44638ca4b8c6d454_s

1日休よりも半日休を与える意味

ただでさえ休みの
少ないスタッフ,

たまの休みも
講習会に明け暮れています。

1週間に1度は,
午後2時あがりの
「 半休日 」をあげましょう。

半休日は丸一日休み
(下手すれば遅寝,
遅起きで一日終了)よりも,
時間が限られているぶん,
有効に余暇を楽しめるんです。

ショッピングもいいです,
カフェにいくのもよし,
本を読むのも,趣味に励むのOKです。

スタッフの成長は,
健康なカラダづくりと
スッキリとしたアタマで
大きく変わってきます。

いいスタッフは健全な
環境からしか生まれないんです。

営業後の勉強会・・
見直すときが
すぐそこまできてますね。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)