過酷すぎる労働時間!美容ディーラーの実情と今後の予想図

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

美容業界のこれからもつづく
おおきな問題点って。

最近大手の美容室や
ディーラーのなかで
問題になりつつあることがあります。

それは・・「 就業時間 」

美容業界ではサービス業の
前線である美容室でしか
クローズアップされていませんでした。

数年前には大手グループ会社の
系列の美容室を

スタッフさんが
ロウキ(労働基準局)に
申し立てをして
裁判沙汰になったのことを
思いだします。

しかし今回クローズアップ
されているのは
美容ディーラーのほうなんです。

stacking coins

90%の美容ディーラーの職場事情

さて美容師さんに
一番ちかい存在である
美容ディーラーの仕事とは?

1:毎朝AM8:30までに出社して
9:00に朝礼開始

AM9:30~10:30まで
取引先である美容室にTEL

ご注文を受けた商品を荷出しして出発。

AM11:00~PM7:00くらいまで
15~25軒の美容室に訪問。

さらにはPM8:00~
10:00まで
美容室にて新商品の紹介を
かねた勉強会。

終了後・・
取引先の美容室オーナーとの食事等々・・

会社に戻りその日の売上集計
・・やっと帰宅(AM0:00~1:00)

そしてまた「1」に戻ります。

週末の夜は会社主催で
メーカー各社の勉強会や
おわりのみえない販売会議への参加。

労働時間で言えば
かなりのものかもしれません。

古き体質を保った美容ディーラーの未来予想図

わたしたちの世代
(40~50歳前後)では

技能や知識を吸収するために
時間や報酬(給与)を
考えることが暗黙のタブーとなってました。

いまの時代に同じことを求めるのは
とっても酷なことかもしれません。

美容師のみなさんは
「 独立開業 」という
ゴールを目指しています。

でも美容ディーラーが
独立するケースは
美容師さんの10分の1以下なんです。

3年以内に半数が辞め

さらに7年以内には
その半数が辞めていきます。

果て無き労働時間が
一番の理由で

上司からのパワハラや
営業成績による
毎日の重圧で押しつぶされていきます。

家族を抱えマイホームのローンや
教育費との板挟み・・

会社に守られているので
とりあえず生活の不安はないのですが・・

会社への不満・将来への不安は消えず

疲弊しながら定年退職まで続いていきます。

CCC0BAD9BDF1

天地に2極化していく美容ディーラー

労働基準局の監査が
入ってくる大手のディーラーは

いやおうなしに雇用体系
(特に労働時間や休日)を
見直さなければいけなくなります。

AM9:00~PM6:00
(昼休憩あり)の

8時間 × 5日の40時間労働。

それを超える場合には
残業代(時給換算)の支給など。

かぎられた時間のなかで
美容室・美容師さんとの関わりを深め

サービスを提供し
売上につなげていくことを求められます。

これからは美容ディーラーも
チカラのあるひとは独立していく時代。

でもチカラがあっても
「決断」するときが遅れてしまうと

取り返しがつかない場合も出てきます。

美容室も美容ディーラーも
マンパワー(個人事業主)が

業界を引っぱっていく
いい時代がみえてきました。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)