見落としてませんか?個人の美容室が来月の売上アップにつなげる方法

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智

美容室1軒あたりの
総客数は180人です。

これから美容業界で
必須になっていく
スキル(技術 AND 知識)
ってなんでしょう。

美容業界に関わっている
美容師の皆さん、上記について
考えたことがありますか?

否応なしに美容室が増え続ける
この業界ではすでに美容室に
来店されるお客さま

約4000万人に対して
23万軒の美容室が
まかなっている状態です。

これは単純に
美容室1軒に対して,
平均180人弱のお客さまを
受けもっている計算になります。

このように他業種では
考えられないほどの
競争率の激しい業種で、

お客さまは何をキッカケに
来店されるのでしょうか?

技術、料金、サービス、
立地、近隣かどうか?

・・いろいろな理由が
あるのでしょうか?

cbf25cc151690400251206f5721202b3_s

1人の新規客を来店させるために掛かる膨大な経費

いまや商品や技術のみでは
決定的な違いを出すことが
難しいと思われます。

それでは宣伝や
広告はどうでしょうか?

ひと昔前では新聞折込のチラシを
3万部配布すれば
約5%の150人が
来店する時代もありました。

つい最近までの主流だった
タウン誌への掲載も、
同一商品や同一メニューが多く、
どちらかと言えば価格競争に
近いものになってきていますよね。

これだけではどうしても
他店から自店へ誘導するには
相当な経費を掛けなくては、

結果(来店)に
つながりづらいのは
すでに実感されていると思います。

じつは売上につなげるタメには

1:まずお客さまに来店してもらうこと、

2:さらには次の来店に
つなげるための作戦を実践すること、

3:それを毎月,
愚直に繰り返すだけなんです。



いまあなたのお店に再来するお客さまへできること

個人経営の美容室が
おこわなければならないことは,

新規のお客さまを
獲得するよりも、

いま来店されている
お客さまを囲い込むこと
” だけ ”を考えて欲しいんです。

新商品が影響する業種と違って
美容室はリピート産業です!

新規を10名集めることと、
いま来店されている
お客さまをまた10名
再来させることとでは、

後者のほうが経費も掛けずに、
工夫次第で簡単に来店へと
つなげることができます。

例えば、美容室のメニューの
なかでも需要の多い
ヘアカラーや縮毛矯正。

このメニュ-をされたかたは
必ずといっていいほど
髪の傷みを気にされています。

それなら施術されたかた全員に、
2ヶ月以内で来店されたら
トリートメントを
無料で体感できるチケットを
差し上げてはいかがでしょうか?

いま店内で使っている
トリートメントを使い、
チケットはパソコンの
エクセルやワードを使って
作れば経費も最低限で済みますしね。

新しい情報だけに答えがあるとは限らない

美容室飽和状態のなかで
あなたのお客さまが
求めていることは、
最新技術や料金の
安さではないんです!

・・もっとシンプルで単純なこと、
それは来店動機(キッカケ)を
つくってあげることなんです。

お客さまがつねに流動する
大型店と違い、

個人店に必要なお客さまは
いま来店されているお客さまを
100%再来につなげること、
ただそれだけのことなんです。

それは新しい商品や
メニュー取り入れることではなく、

いまあるモノ(サービス)を
フルに活用する、またはレストア
(復元・再構築)するだけで
いいのかもしれませんね。

追記:
今回の記事は遠方で
頑張っていらっしゃる
美容師Sさまのために
書かせていただいたものです。

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)