進化する美容室の条件

いいね!ならシェア願います

オーナーズボイス/ヘアライフグリーン代表 元野太智



おはようございます,美容ディーラーです

昨日はクライアント様のおひとり( 男性 )から
わたしの書いた記事にいたく共感を頂きました。
昨日の記事はコチラ ⇒⇒ [ 独立できない男たち ]

まさか?・・男性美容師さんから共感を頂けるとは?

確かにわたしの担当させて頂いている
男性美容師さんの経営者たちは
この” 美容業 ”の中では異質なのかもしれません。

” 男性美容師が嫌いな男性美容師さん ”①
” 美容師仲間がまったくいない男性美容師さん ”②
” 飲酒,喫煙 ( 結構,美容師さんは喫煙率が高いんです!)を
まったくしない男性美容師さん ”③
” メチャメチャ腰の低い男性美容師さん ”④  などなど

世間一般的な【 男性美容師 】さんのイメージとは
異なる方たちと交流&談義をしています。
( 私もよく” 変わってるねぇ”と言われますケド,ナニカ【笑】)

そして彼ら(① ~ ④ )に共通していること。
それは” 素直 ”で” 美容という職業にアグラをかいていないこと
これがお客さまから長く支持されている要因のひとつなんです。

美容師さんという職種は職業柄,職人気質なところもあり,
頑なに外からの情報に目を向けず,
自分の手元(=技術)ばかりに目がいきがちな男性美容師さんが多いんです。

それはひと昔前( 美容室軒数が今ほど多く無かったころ )なら
それもアリかと思いますが,次代の美容師さんに不可欠なモノ・・・

何だと思います?この答えがスグ出たらスゴイです・・・

s_009e

実はとてもシンプルかつ,当たり前の答えなんですが,

【 今日,自分のお店から退店されたお客さまをいかに次回(来月)来店してもらうか?】
ということなんです!

「 そんなの簡単ですよ 」
「 今も出来ていますから 」という言葉もあると思います。
それを仕組み化( 定型化 )されているか?ということです。

例えば,Aプラン:次回の来店予約をとり(●月■日△時),
退店された一週間以内にDM(ダイレクトメール)を郵送,
もしくはメールにてフォロー,
そして来店予定一週間前にメールにて連絡( DMでもOK ),
来店前日,もしくは当日に電話(TEL)にて確認する。

前述のような美容室は基本的に広告費を必要としていません,
( まぁ,はがき代とメール代[ 通信費 ]は掛かりますけど)

よく勘違いされるんですけど,折込チラシと
地域タウン誌などに掛ける経費は[ 広告費 ]
来店されたお客さまへのフォロー,
リピートさせる経費は[ 宣伝費 ]と考えます。

[ 広告費 ]は新規のお客さまへの告知なので反応率は低くて当然。

しかし,その中からリピート(再来),ヘビィユーザー(ファン)に
変えて頂くにはAプランのような” 仕組み化された宣伝 ”
繰り返し,繰り返し,愚直に実践している美容室だけが
” 着実 = 堅実 ”に売上を伸ばしてきているのも事実なんです。

仕組みや仕掛けという言葉がキライな美容師さんが
すごく多いからこそ,実践できている美容室だけが
お客さまから愛され続けています・・・マジで!

提供:
①の美容師さんがいる美容室
②の美容師さんがいる美容室
③の美容師さんがいる美容室
④の美容師さんがいる美容室

スポンサーリンク

いいね!ならシェア願います

フォローしてくれます?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)